HGナラティブガンダムC装備【素組み紹介】

未分類

こんにちは!

今回は機動戦士ガンダムナラティブからナラティブガンダムC装備素組の紹介です。
劇中ではフェネックス鹵獲のため何度か装備を変更したナラティブガンダム
その中でもC装備はユニコーンガンダムに姿が酷似しており印象に残っている方も多いと思います。

それではデティールや各部分の稼働範囲を紹介していきます。
(スミ入れ、シール貼りはしていない状態での紹介です)

全身像


全身はユニコーンガンダムデストロイモードを彷彿とさせるイメージですね。
劇中では「痩せっぽち」と言われていますが実際の製品からはそれほど瘦せている印象を受けませんでした。
むしろ肩アーマーが大きいことや胸部装甲が張り出しているところからややマッシブなイメージをうけました。

各種可動範囲

頭部

頭部は90°以上回転します、頬あても左右に干渉しにくいつくりになっていて稼働範囲は良好です。
ただ一つ気になる点が…それが首部分の色分けです。

首から下の部分は設定ではフレームと同色ですが製品では仕様上、白になっています。
ここはかなり目立つところなので出来れば色分けして欲しかったところです。
上半身

胸部と腹部はそれぞれ上下に稼働するつくりになっています。

また肩部にはスライドする機構がありポーズの表情づくりに一役買ってくれます。
腕部

肩アーマーが干渉するので腕部の稼働範囲はこれぐらいです。

面白いのが肘関節で前腕と肩関節をつなぐ部分がそれぞれ360°回転するつくりになっています。
脚部、下半身

膝関節は大きく稼働します。

股関節の稼働範囲も広く、ほぼ水平まで足を伸ばせます。
またわずかですが上下に稼働するつくりになっています。
武器やその他の兵装

ビームライフルとサーベルが2本、それにシールドが付属します。
シールド裏にはミサイルのデティールがありますが単色成型ですので再現する場合は塗り分けが必要です。
サーベルは握り手と柄の大きさが合っていないのか、ポロポロと落ちやすいです。
ポーズをとる時には注意してください。

最後に何枚か