HGCE デスティニーガンダム【傑作キット】

HG ガンプラ 未分類

こんにちは!

今回はHGCEデスティニーガンダムの紹介です。

このキットは2005年に発売されたHGデスティニーガンダムのリニューアル版です。

HGシリーズなので組みやすく、色分けもほぼ完璧で初めてガンプラを買う方にもオススメできるキットです。

また、デスティニーガンダムの特徴といえる光の翼と掌部ビーム砲のエフェクトパーツがそれぞれ付属。

原作のキービジュアルも再現できる贅沢なキットとなっています。

早速紹介していきます。

各部の紹介

頭部


頭部は凶悪なイメージで劇中のイメージにかなり近い作りでです。
バルカン砲以外はほぼ完璧な色分けで非常によくできています。

腕部+肩部


腕は水平方向に肩アーマーの動きと合わせれば約90°近くまで上がります。
また前腕部は回転するギミックが内蔵。
このおかげで腕を前に突き出すポーズと腕のたたむポーズが自然な感じになります。


前後方向にはそれほど動かないのでMGにあったビームブーメランを掴む動きは出来なくなっていますが、ビームソードを掴むことは可能です。

胴体部


胴体部は三重関節になっています。

これのおかげで掌部ビーム砲を構えるポーズが旧キットに比べてより映えるようになりました。

腰部+脚部


腰のサイドアーマーは後ろにスライドするギミックが搭載されています。。

これによりサイドアーマーが干渉せずに足を水平方向に大きく開脚することができます。

脚部は180°近く折りたたむことが可能。
ポージングの表情付けに役立ってくれます。

ふくらはぎにあるバーニアは単色成型なので原作どうりにしたい場合は塗装が必要です。

バックパック+ウィング


背部のウィングは三枚で構成されています。
細かい部分は色分けされていないので、ここも原作を再現したければ塗装が必要です。

また簡易的な連動ギミックがあり、外側の翼を開くとそれに連動して内部の翼が引きあがります。

ビームソードとビーム砲を収納しているラックは接続アームがボールジョイントで接続されているので可動範囲は広いです。

武装、オプション

劇中でデスティニーガンダムが使用した装備はほぼすべて付属。
唯一、ビームブーメランをビームサーベルとして使った場合のビーム刃は付属しません。

ビームライフルは合わせ目が目立たないような分割になっています。

シールドは実体型とビームシールドの2種類が付属
実体型のシールドは伸縮します。

原作のキービジュアルを再現できるものとして、光の翼と掌部ビーム砲のエフェクトパーツが付属。

また掌部ビーム砲専用の平手も付属。
エフェクトパーツはこちらの平手に取り付けできます。

肩アーマーに接続されているビームブーメランは取り外し可能。
ブーメラン専用のビーム刃が付属します。

ビームソード、ビーム砲は折りたたみ式で原作どうりに展開可能。

ビーム砲は持ち手部分が展開してキチンと握れるようになっています。

ビームソードは専用のビーム刃が付属。
原作のポーズも再現できます。

いかがでしたでしょうか?
同じスケールでRGが先に発売されていますが、個人的にはこちらのHGCEがオススメです。
RGは非常にリアルに作られていますが、私はよく動かして遊ぶのででパーツが落ちづらいHGCEの方がお気に入りです。

プロポーションもよく光の翼といった様々なエフェクトパーツがつくHGCEデスティニーガンダム。
とてもオススメできる傑作キットなので今回の記事で興味が沸いた方は是非買ってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それでは!